HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.03

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.03 CC社様

  • プラムチップノズルを使用することで色換え性が向上!

     

  • plum_tin.jpg     

 

 

 

事例詳細

課題

他社製ミキシングノズルを使用していたが、色換え性が大変悪かった。

またユーザーにてメンテナンスが出来ず、都度メーカに戻さなければならないため作業効率がよいとはいえなかった。

具体例:350t成形機にて色換えの場合、

①パージ材を約2㎏(約700円/kg)、

②その後ナチュラルのABSやPP(150~300円/kg)を約2kg、合計約4Kgパージしないと色換えを行うことが出来なかった。

 
提案

東京営業所営業担当者による解決策の提案。

従来使用していた他社製ミキシングノズルから、フィーサ「プラムチップ」内蔵のミキシングノズルへの置き換えをご提案。

 
効果

上記具体例と同様の条件で色換えを行ったところ、

①パージ材:約2Kg⇒約0.8kg、

②その後ナチュラルのABSやPP:約2Kg⇒約1.2kg、合計約2Kg(重量ベースで50%減)パージするだけで色抜けが完了し、一度の色換えで1,000円以上のコストカットに成功。

またユーザーにて分解メンテナンスが容易に出来るため作業効率が向上した。

成形機によっては貸出用ノズルもご用意しております。お気軽に営業担当、又は下記お問い合わせ欄よりお問い合わせ下さい。

 

 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ