HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.04

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.04 フィーサテスト

  • ホットランナ内に洗浄剤(パージ剤)、いいの?!

     

  •  

 

 

 

 

 

 

 

 

事例詳細

課題

お客様より「ホットランナ内に洗浄剤(パージ剤)は流していいの?詰まったりしない?」などの質問を頂くケースがあります。

万が一詰まらせてしまうと、ホットランナを分解しメンテナンスをしなくてはなりませんので、慎重になるのも当然です。

 
提案

中部支社営業担当者監修のもと、フィーサ社内にてあるメーカの洗浄剤(パージ剤)を使用して色替えテストを実施。

今回のテスト使用ノズル:NH2(ゲート径Φ2.6)

 
効果

掲載写真は上記色替えテストで成形したサンプル(成形材料:PP、製品重量:約20グラム)です。

黒色PP⇒洗浄剤(パージ剤)を10ショット成形⇒ベージュPPに色替え、洗浄剤からベージュPPに置き換えるのも少量の成形材料で済みました。

使用した洗浄剤は金型内でパージではなく射出成形することも可能です(洗浄剤(パージ剤)の種類、金型によっては成形出来ないものもあります)。

「あるメーカ」⇒どのメーカのどの洗浄剤を使用したか気になる方は…、営業担当、又は下記お問い合わせ欄よりお問い合わせ下さい。

 

 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ