HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.08

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.08 GG社様

マニホールド用流量調整装置(RCS)をピンゲート金型に使用してみました!


   

 

 

            

 

事例詳細

 課題

ピンゲート金型において、ゲートの配列及びゲートサイズの選定が不適切だった場合に、ゲート部を溶接で埋めたり、または穴径を拡大したり金型の修正加工が

必要となる。

 
提案

北関東営業所担当者による解決策の提案。

マニホールド用のRCS(ラチェットレンチひとつで流量を簡単調整可能)を金型にも取り付けてみる。 

 
効果

RCS装置をストリッパープレートの中に組み込み、流量調整用のボルトを回すことで、ランナーからゲートへ流れる樹脂量を調整することが可能となり、

金型ゲート部の修正加工が無くなる。

 

 


 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ