HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.15

PLAGATE CASE STUDY事例[NH・AHノズル]紹介NO.15  MM社様 

ウェルドラインの消去!!


   

                                                                                                        

事例詳細 

 

 課題

エアバルブを使用しウェルドライン調整を行いたいが、構造上、金型センターへの設置は出来ない。

偏心させると金型サイズが大きくなってしまい、型費がかさむ。

 
提案

北関東営業所 営業担当による解決策の提案。

フィーサのプラゲート【NHノズル】【AHノズル】はバルブゲートとしては極めてコンパクトであり、金型センター付近に

設置可能である。その特性を生かし、メインノズルとしてセンター付近に設置、またエアーバルブを両脇に設置する。

右上図参照:④・⑤樹脂到達時にエアバルブ開放(射出)。

 
効果

ウェルドラインを自在に調整できるようになり、目立たなくすることに成功!

エアバルブのみを使用するよりも、金型サイズや型費も抑えることができる。

 


 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ