HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.16

PLAGATE CASE STUDY事例[NHノズルLHタイプ]紹介NO.16  NN社様 

バルブゲートは狭い場所に設定できない?


   

                                                                                                         

事例詳細 

 

 課題

溝形状の底面にゲートを設定したいが、ホットランナの掘り込みが干渉してしまう。
捨てボスを設けてその頂上になら設定できるが、溝の中に残ったボスが邪魔で積み重ねられない。
ボスを切り取ろうにもニッパーが入らずカットできない。

 
提案

大阪支社営業担当による解決策の提案。

フィーサのプラゲート【NHシリーズ LHタイプ】を使用すれば、先端径φ10で深さ10mmまで設定可能。
スプリングバルブの性能は損なわれないので、ゲートに突起を残さずシールできる。

 
効果

ピンゲートしかできないと諦めていたユーザーもホットランナ化ができ、サイクル短縮に貢献。
溝に限らず段差形状の際にもゲート設定可能となり、ホットランナで効率化が進んだ。

 


 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ