HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.18

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.18  PP社様 

熱可塑・熱硬化 どちらもあります。ランナレス成形。

               
               nishiwaki1.jpg                                                                                               

事例詳細 

 

 課題

一次で樹脂成形。二次でシリコン成形を行いたい。
熱硬化性のシリコン材はランナを再利用するのが不可能。
しかも材料コストも非常に高価であるため、ランナをあまり出したくない。

 
提案

中部支社営業担当による解決策の提案。
一次の樹脂成形ではプラゲートノズルNHを提案。
二次のシリコン部分は【フィーサSIMGATE® System LIM(液状シリコーンゴム)成形装置】シムゲートノズルを提案。

 
効果

二次成形でシムゲートを使用することにより余分なランナができず、大幅な歩留まり効果を生んだ。
また、プラスチックと接着性のあるシリコンを使用することで、
シリコンが接着された状態の成形品が取り出せるため、生産の効率化も実現することが出来た。

 

【フィーサSIMGATE® System LIM(液状シリコーンゴム)成形装置】の詳細はこちら



 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ