HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.19

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.19  

組み合わせできます!シャットオフノズル×プラムチップ

               
               nishiwaki1.jpg                                                                                               

事例詳細 

 

 課題

射出成形機オープンノズルにて、糸引き・たれ落ちを防ぎたい。
また、「色ムラによる成形品不良が出てしまう」「色替え性をもっと良くしたい」等々、様々な課題をお伺いするケースがあります。

 
提案

東京営業所 営業担当による解決策の提案。
そんな時にお役立ちできるのが、プラムチップ入りシャットオフノズルです。
フィーサ独自のスプリングによるゲートシール機能を持つシャットオフノズル。
これにミキシング機能を持つプラムチップ(樹脂混練パーツ)を組み合わせたノズルです。

 
効果

シャットオフノズルでの糸引き・たれ落ち防止により成形の安定化を実現します。
また、プラムチップにより色ムラ防止・色替え性向上にも力を発揮し、成形品不良率削減・色替え時のコストと時間の低減も可能となります。
構造もシンプルなため、ノズルメンテナンスの手間がかからず、お客様先で簡単に分解しメンテナンスして頂くことも可能です。

 

PLAGATE® System ホットランナ成形装置 シャットオフノズル】の詳細はこちら
【PLAGATE® MIXING TIP 樹脂混練パーツ プラムチップ】の詳細はこちら


 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ