HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.22

PLAGATE CASE STUDY事例紹介[トップレスタイプ]NO.22 RR社様

量産開始からハタチを迎えても今なお健在!
          トップレスタイプの耐久性!

DSC_0423.jpg  
   
                

                            

事例詳細 

 

 課題

あるお客様を訪問した際、長きに渡って利益をもたらしている金型が成形中で、
様子を見ているとプラゲートのNH2タイプが使われていました。
この金型は、現在でも生産数が落ち込むことなく量産を続け、20年目を突破!!

 
提案

中部支社 営業担当による紹介。
この金型に使われているノズルは『NH2-1812-10』というトップレスタイプです。
ゲート設定位置がフラットではなく傾斜面のため、トップレスタイプにして
製品形状に合わせてピストンを加工しています。
このノズルを4本設定し、4点ゲートで取り数1個となります。
成形材料はABSです。

 
効果

このような“ベテラン”の金型に使用しているホットランナノズルでも
弊社ではメンテナンスはもちろん、部品の交換も出来ますので、
最寄りの営業所スタッフまで何なりとお申し付けください。

 
【フィーサPLAGATE® System NHシリーズ】の詳細はこちら



 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ