HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.23

PLAGATE CASE STUDY事例紹介[VSノズル トップタイプ ロングキャップ仕様]NO.23

VSノズル【VS063】【VS080】
         トップタイプ ロングキャップ仕様

加工の簡素化2-Model.jpg 

事例詳細 

 

 課題

現行のVSノズルではスプルーを設定する際に金型側での細かい加工が必要になる。
それをノズル側(キャップ)にて設定できないか?
スプルーの設定をノズルでできないか?(ロングキャップ仕様)

 
提案

大阪支社 営業担当による解決策の提案。
弊社工場で製作の特注キャップで対応。
トップタイプ、トップタイプロングキャップ仕様の製作。

 
効果

金型加工の簡素化。
ゲート部破損時にも部品単位での交換が可能。
GF入りの樹脂にも対応しやすい。
成形温度で有利になる為、エンプラにも対応。

 
【フィーサPLAGATE® System VS080】の詳細はこちら



 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ