HOME > 導入事例 > PLAGATE CASE STUDY NO.10

PLAGATE CASE STUDY事例紹介NO.10 II社様

シャットオフノズルで、シルバーストリーク不良(銀状のすじ)ゼロを実現!


   

 

事例詳細

 

 課題

PC+ABSの成形品において、シルバーストリーク不良が約8.8%恒常的に発生。

サックバックを減らすと、たれ落ちが発生しショートショット(充填不良)や糸引きが多発。

 
提案

中部支社営業担当者による解決策の提案。

無料貸出ノズルお試しをご提案。

フィーサでは、主要成形機(日精・日鋼・東芝・ファナック)に合う貸出ノズルをラインナップ。

 
効果

サックバックを減らしても、たれ落ちや糸引きがない為、成形が安定。

量産成形において、シルバーストリークを含む不良、完全ゼロを5日連続実現!

条件調整によるロスタイムがなくなり、生産量も40%アップ!

オープンノズルでピーク圧92~93MPaだったものが、10MPa程度上昇しているものの調整可能。

お試し期間終了後、すぐにご注文いただきました。

 

 


 
<<前の事例  ・  次の事例>>

 
    •          
    •   
    • お問い合せはこちらからどうぞ