HOME > FISA MAIL MAGAZINE LIST > フィーサメルマガ2018年10月号
Mail Magazine
FISAの技術は様々な業界で活躍しています。
FISAの技術はあらゆる場所で活かされています。製造からホビー、医療まで幅広いニーズに対応しております。皆様の日常に欠かせないもの、あったらよりよくなるものを作るためにFISAの技術はさらに進化し、どんなものにも通用する技術を磨いてきました。そしてこれからも、FISAは皆様の日常により溶け込めるようにさまざまな業界に対応して参ります。

メールマガジン 2018年10月号

GH.png

GH.png



いつもお世話になっております。フィーサ株式会社です。
本メールでは、お客様のお悩み解決案や、導入事例といったお役立ち情報をお届けいたします。
 
今月の特集
 
フィーサ製品ご紹介特集
「ミキシングノズル・シャットオフノズル~フィーサの対応力」

今回は、フィーサ大阪支社の若手営業担当がお勧めする『フィーサ製 ミキシングノズル・シャットオフノズル』の紹介です。
▼【お取引先のBB社様の悩み事】
 BB社様は、他社製ミキシングノズルをご使用でしたが、次の2点に悩んでいました。

1.【価格面】
 規格品を提供されているメーカーが多く、ヒーターや温度センサーなどの一式がセットで必要となるためコストがかかる。

2.【オープンノズルとの交換の手間】
 オープンノズルとの交換の際、ヒーターと温度センサーなどが一式セットなので、ノズル以外の部品交換もあり手間がかかる。

▼【フィーサ製ノズルの特長】
 国内自社工場にてお客様がご使用中の現行オープンノズルに近い形状のノズル製作することが可能ですので、ご使用されているヒーター等をそのままお使いいただけます。
 オープンノズルへの交換の際も、ノズルだけを交換すればよく、手間もかからず価格も抑えることが可能です。

▼【混錬性UP!!も可能】
 フィーサでは『低価格・メンテナンス性向上』を実現するため、コンパクトな樹脂混錬パーツを採用しております。
 標準ではノズルに1個組込むのですが、さらに混錬性を向上させる場合、2個3個と追加して組込むことも可能です。

▼【納入後のBB社ご担当者様の声】
 価格が、従来使用していたノズルの60%にコストダウン出来ました。オープンノズルとの交換の手間も、たいへん楽になりました。
 また、樹脂混錬パーツを増やして混錬能力が高まり、納得の製品が取れました。パーツを1つ追加しても価格は他社に比べて安かったです。
 
 BB社様、ご協力有難うございました。

            ■シャットオフノズルのカタログはこちら 
 
            ■樹脂混練パーツのカタログはこちら   
                    
 事例バックナンバー                   

No.04 フィーサテスト
ホットランナ内に洗浄剤(パージ剤)、いいの?!

お客様より「ホットランナー内に洗浄剤は流していいの?詰まらない?」などの質問をいただき、社内テストを行いました。さて、その結果は…。 

FISAの導入事例を詳しく見る  くわしくはこちらから
       
CADデータのお問い合わせ
(ID・パスワードをお持ちでない方はこちら)
 CADデータのお問い合わせはこちら
製品シリーズ  各種製品カタログはこちら






















































































<<メルマガ前号 
 ・  メルマガ次号>>