HOME > よくあるご質問

FAQ 用語集よくある質問と用語集

About FISAFISAについて

フィーサは日本のメーカーですか?

1961年に東京大田区で斎藤工機として創立、当初はイオナイザの開発、製造、販売行いました。

1993年に現在のフィーサ株式会社に社名を変更しました。

プラゲート(PLAGATE)は造語ですか?
ホットランナ成形装置「PLAGATE」
液状シリコーンゴム成形装置「SIMGATE」
静電気除去器「DYNAC」
イオン発生素子「ION BLADE」はいずれも当社のブランドであり登録商標です。

Runnerless Moldingランナレス成形

ホットランナとは何ですか?

コールドランナの場合、スプルー部とランナ部が製品と共に成形されますが、

ホットランナはスプルー・ランナを、溶融状態で金型内に留めておき、

製品だけを成形することができる射出成形システムです。

ホットランナのメリットは何ですか?
無駄なスプルー・ランナを無くすことにより、樹脂材料のコスト削減、歩留まり性の向上、電気の節約、ハイサイクル化に貢献できます。
ホットランナのデメリットは何ですか?
コールドランナと比較して、金型製作時の初期コストは高くなりますが、上記メリットにより、トータルで成形コストの削減に貢献します。
使用可能な樹脂は何ですか?
汎用樹脂からエンプラ、一部のスーパーエンプラまでご使用いただけます。
射出バランスの調整は可能ですか?

オープンノズルとスプリング式バルブゲートはRCS(流量調整システム)の併用により調整が可能です。
VSシリーズ(空気圧バルブゲートシステム)はタイミング調整装置で射出バランスを調整します。

ホットランナ付モールドベースの販売は可能ですか?
可能です。各寸法のご指示をもとに製作いたします。
海外での手配は可能ですか?

可能です。中国(蘇州、広州)、タイ(チョンブリ)、アメリカ(テネシー)に拠点があります。

日本国内の販売拠点はどこにありますか?

 中部支社:愛知県春日井市

 大阪支社:大阪府大阪市

 東京営業所:東京都大田区

 北関東営業所:群馬県高崎市
 以上4拠点から対応いたします。

補給部品などの納期はどれくらいですか?
各支社・各営業所には標準品の一部と消耗品などを常時在庫しておりますので、即納が可能です。
マニホールドの設計及び製作はしてもらえますか?
ゲートピッチなど各寸法のご指示のもとに設計いたします。
マニホールドにスプルーブッシュは付いてきますか?

弊社純正マニホールドをご依頼頂いた場合は、スプルブッシュ、ライザパッド、
取付ボルトが付属しています。

ガラスフィラー添加樹脂の使用はできますか?
使用可能です。含有量50%まで実績があります。
ゲート径はどれくらいの大きさですか?
最小でφ1.2から最大φ6.8です。
1点ゲートでどれくらいの重量の成形品が成形できますか?

コールドランナと比べて、1.5倍以上の流動長が可能です。
特に大型製品や薄肉製品には効果絶大です。

樹脂モレが心配です。

純正マニホールドの場合はもちろん、各部品のシールには専用仕様のOリングを使用していますので、

通常のOリングと比べて樹脂モレはほとんどありません。

ランナレス以外での使用方法はありますか?

製品に直接ゲート設定が出来ない意匠面などの場合は、
1次スプルやランナを少なくする使用方法を提案いたします。

ノズルの長さはどうやって決めればいいですか?
弊社設計基準による寸法指定から、お客様の金型に合わせた特注対応も可能です。
価格はいくらですか?

標準仕様であれば、1点ゲートあたり、オープン仕様で10万円程度、
スプリングバルブ仕様で20万円程度、エアバルブ仕様で30万円程度です。

ノズルとマニホールドは固定されていますか?

弊社のホットランナシステムは、別体式です。
スライド式面シーリングにより樹脂モレを防ぎます。

不具合時の対応は?
営業担当者が「即対応」いたします。まずはお電話を!
不具合時における対応力には自信があります
どんな業種で利用されていますか?
自動車から電機、雑貨、医療など様々なジャンルで採用されています。
色替えは良いですか?
内部構造を滞留箇所のない形状にする事で、色替え性は良好です。
納期はどれくらいかかりますか?

標準規格品であれば即納可能です。特注品に関しても
基本的には受注後3週間程度で対応できます。

「ION BLADE」・特注品製作 

無風で除電をしたいのですが、可能ですか?

無風でご使用いただける機種もございます。ただし、除電対象物からの距離を近接させる必要があります。

「ION BLADE」はどのような効果がありますか?

静電気除去、帯電、脱臭などの効果が確認されています。また、除菌、抗ウイルス、防虫などの効果も視野に入れて開発を行っております。

「ION BLADE」はどのような用途で使われていますか?

応用製品として、錠剤やペレットなどの搬送工程での張付き防止、異物の付着防止や除去、静電吸着(帯電)を利用したゴミ集塵、脱臭など幅広い分野で

使用されており、今後もお客様のご要望があれば、開発を行う予定です。

「ION BLADE」はどのようなサイズで製作が可能ですか?

最大長:300mm、最小幅10mmで製作が可能です。開発中の案件で2mm幅の電極にTRY中!!
更に大きな長さが必要な場合には連結することで、最大1200mm程度の実績がございます。

厚み0.1mm程度の薄電極の製作が可能です。

「ION BLADE」は、どのような形状の製作が可能ですか?

例えば紙に描ける形状ならば製作が可能です。また紙のように折り曲げることができるので形状自由度は大変高くなります。

装置の隙間など、設置スペースに合わせた形状で製作が可能です。

プラスイオンだけ、マイナスイオンだけを発生させることが可能ですか?
イオンバランスコントロール技術により、100%プラスイオン、100%マイナスイオンを発生させることはもちろん、ご用途によりそれぞれのイオンバランスをコントロールすることが可能です。
発生したイオンの使用可能距離は?
無風では、数cmです。
それ以上に飛ばしたい場合には、ファンなどエアーの力、または電気的作用による加速力などにより、イオンを必要な箇所まで搬送する必要があります。
オゾンのコントロールは可能ですか?
オゾンコントロール技術により、高濃度のオゾン発生はもちろん、ご用途に合わせて0.1ppm以下(労働安全基準以下)までコントロールすることが可能です。
「ION BLADE」の供給方法は?
最小単位は、電極+高圧制御電源基板となります。
電極単体での販売は基本的には行っておりませんが、案件によっては検討させていただきます。
もちろん、部品だけでの提供だけではなく、ご用途に合わせて、筐体まで含めた提案、各種効果試験の評価なども協力をさせていただきます。
OEM供給は可能ですか?
可能です。ご要望に合わせて出来る限りの対応をさせていただきます。
どの程度の台数から対応可能ですか?
仕様などにもよりますが、特殊性が高いものでも年間数十台から対応をさせていただきます。
CEなど安全規格の取得について
対応可能です。但し費用と追加期間が必要となる場合がございます。ご相談ください。
量産体制について
案件によっては、中国、タイの自社工場で製造も可能です。
日本国内でも複数の提携工場があり、量産体制も整えております。
「ION BLADE」を利用して開発したい場合は、どのような流れになりますか?

営業担当者が御伺いし、ご要望をお聞きします。その後、開発担当者と打合せを行い、ご提案、サンプルの製作を行います。

案件によりますが、概ね半年~2年の期間で開発することがほとんどです。

DYNAC Systemイオナイザ

静電気とは?

車のドアにさわった途端に、バチッときたり、セーターを脱ぐときにバチバチくるのが静電気です。

基本的には、2つの物質の摩擦などの接触により、電子(マイナス)が移動することにより発生します。つまり、電子を取られたほうがプラスに、電子が増えたほうがマイナスに帯電となります。測定器を使用した場合など、「測定数値がマイナスなら問題ないのですか?」と聞かれますが、プラスでもマイナスでも帯電は問題となります。

冬に静電気が発生するのは何故?

静電気は湿度に大きく影響を受けているのは経験的にも間違いありません。冬に静電気が発生しやすいのは、湿度が低いからです。

夏にも静電気は発生していますが、湿度が高いと物質の表面の水分量が増え、導電率があがり電荷がたまらない為、ビリッとこなくなるようです。
相対湿度が65%を超えると、静電気は発生しにくくなります。逆に40%を下回るような環境だと静電気が発生しやすくなります。

暮らしの中の身近な静電気って?

ほこりを取るためのモップや、ラップは静電気の力を利用してお皿に貼り付けています。

また、コピー機やレーザープリンタ、空気清浄機などでも、静電気は利用されています。

人間が感じる静電気のレベルは?

人間は電子デバイスなどと違い、静電気に鈍感です。

人によって違いますが、2000~3000V程度から感知出来る人が大半です。 ただし、実際の製造現場で問題になる静電気は1000V以下である場合も多くあります。

目にも見えず、人間が感じることも出来ない静電気が、製造現場では問題になっています。

どうして静電気を除去するのか?
液晶基板や電子部品などの静電破壊、樹脂やガラス製品へのほこりなどの異物不良。印字や塗装不良や、パーツフィーダーの整列不良など・・・その他数え切れないほどの製造工程で、静電気は常に問題の原因の一つです。そのため、イオナイザを利用し静電気を除去します。
デモ器の貸出サービスは出来る?
可能です。1週間程度の期間で効果を確認できる貸出サービスを行っております。

 

用語集 成形用語集

ホットランナ

ホットランナとは、プラスチック射出成形において金型から成形品のみを取り出す技術の事で、ランナレスとも呼ばれます。

射出成形では溶融した樹脂を流し込むためのランナ(流路)が必要で、通常はこのランナと製品部分が冷却固化された状態で取り出されます。ホットランナでは、このランナ部分にヒーターを設けて溶融状態を保つことで、成形品のみを取り出します。

これにより、ランナのカット・粉砕や廃材といったロスを無くしたり、ランナ部分の冷却が無くなり、サイクルタイムの短縮等といった効果を生み出します。
マニホールド

マニホールドとは、スプルーからホットランナノズルまでのランナを分岐させるためのもので、樹脂を固化させないために、ヒーターが組み込まれている型板部分のことである。
内部の樹脂は、溶融及び流動可能な状態を保持している。(ヒーター昇温時)

ゲート

溶融した樹脂が、製品部分に流れ込む入口のこと。
ピンゲート サイドゲート ダイレクトゲート カルフォンゲートなど様々な種類があり、製品や金型構造によって適正なゲートを使用する。

スタックモールド

1つのキャビティに対して、複数のコアを備えて大量生産や成形効率の向上を可能とする射出成型方法のこと。

温度センサ

2種類の金属の接合点2ヶ所を異なる温度にさらすことで、微弱な電流が発生します。
この電圧が一定の温度帯で比例に近い関係となるため、この電圧を測定することにより該当する温度を表示させるものです。
その構造から熱電対と呼ばれることもあります。

射出成型の現場では、一般的にJ(IC)とK(CA)が使われており、カッコ内のように2種類の金属の頭文字で呼ばれたりします。

IC = アイアンとコンスタンタン
CA = クロメルとアルメル