HOME > 製品紹介 > SIMGATE System

SIMGATE® SystemLIM(液状シリコーンゴム)成形装置

液状シリコーンゴムの
ノーバリ、ランナレス射出成形システム

液状シリコーンゴムの射出成形金型に組み込んで使用し、FISA独自のバルブ方式でゲートを確実にシャットオフ。ハイサイクル、竪型、インサート成形に最適です。

 s-導入事例.jpg
LIM(液状シリコーンゴム)成形装置
point1金型への紐付け、金型交換が簡単
シムゲートモールドベースから突き出た4本のピンにより、ノズル先端を傷つけることなく組み付けることができます。
また、樹脂圧により自動開閉するため電気信号や動力などの接続が不要なため、金型取替えが簡単に行えます。
金型への紐付け、金型交換が簡単
point2最適な冷却システム
LIM流路外部をスパイラル循環する冷却回路は冷却水の滞留が少なく、ノズル内のLIM温度を設定値とおりにします。
また、ノズル先端部までの冷却回路と断熱材によりスラッジの発生をなくします。
最適な冷却システム
point3サイクルタイムの短縮
シムゲート金型は、可能なかぎり、真空引きに頼らず独自のノウハウで、エアー排出とノーバリを可能にし、サイクルタイムの短縮を実現します。
point4コーティング処理
シリコーン製品の脱型には、エジェクター機構に加え、リブ形状やボス形状の一部に表面処理することで、脱型時のストレスを緩和させています。
point5優れたメンテナンス性
ノーバリを目的とし、金型プレートから断熱プレートまで一枚、一枚高精度の平面研削加工をしています。 システムを組み込むため断熱プレートを入れて12枚で構成しています。
シムゲート内の樹脂が加硫しても、固定側のキャビティプレートから順に取り外し、加硫している箇所を取り除くことができます。 固定側キャビティプレートを可動側に連結して分離できノズルの冷却時間の短縮、ノズル内での加硫を未然に防ぐことができます。
point62色成形システム

シリコーンとプラスチックの同時成形システムの開発がすすみ、新しい需要を喚起しています。

中間プレート回転方式

中間プレート回転方式

コア(可動側金型)は同じ、キャビのみ替える。

可動型回転方式

可動型回転方式

裏側にも異材質(異色)が必要な場合、中間プレートによりコアを替える必要がある。

2色成形システム
可動型回転方式

Working Principle作動原理

作動原理 作動原理

ピストンバルブの後端にスプリングを配置し、スプリングの押圧力と射出圧によりゲートの開閉を行う、FISA独自のバルブゲート方式です。

Gate Opened

Gate Opened

樹脂圧がかかると、ピストンが後退し、ゲートが開く。

Gate Closed

Gate Closed

樹脂圧が下がると、スプリングの反発力でピストンが前進しゲートが閉まる。

Structure Chart構成図

構成図

Molded Case成形例

成形例

 

成形例

 

成形例

 

DownLoad各種資料ダウンロード

  • 製品カタログ


    •       
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    • お問い合せはこちらからどうぞ