1. HOME
  2. 成形用語集
  3. サックバック

サックバック

サックバックとは

サックバックとは、射出成形にて保圧後や計量後に成形機のスクリューを後退させる動作のことです。
スクリューを後退させることで、ノズル内の樹脂の圧力を緩和することができ、ノズルの先端より樹脂が漏れて出てくる「たれ落ち・ドローリング」を防ぎます。 
しかし、後退させたことにより、空気を巻き込んでしまい、今度はシルバーストリークという成形不良が発生しやすくなります。 
そのため、サックバックは適切な値を設定することが求められます。 

解決策 FISAからのご提案

フィーサ シャットオフノズル

フィーサのシャットオフノズルは、射出後ノズル先端ゲートシールするためサックバック不要で、たれ落ちとシルバーストリークを防ぐことができます。 

NRSシリーズでは、内臓のバルブ機構により、糸引きのみならず、たれ落ち等の成形不良も抑制し、生産効率の向上に効果を発揮します。 

また、NRSは各社成形機へ合わせた、無料の貸出しノズルにてお試し頂くこと可能です。

成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661