1. HOME
  2. 成形用語集

成形用語集一覧成形用語集

 ─あ行─ 

アウトサート成形 >

プラスチック成形品に、金属部品を圧入し一体化させる方法。
大型の金属板上に、小さなプラスチック部品を成形する方法をさすこともある。

オーバーホール(ホットランナー編) >

バルブゲートホットランナーの動きが悪くなった時や異物が入ってしまった時、又は、前回成形時の樹脂を完全に抜きたい時などにノズルを分解清掃して正常な状態にすること。

 ─か行─ 

ゲート >

溶融した樹脂が、製品部分に流れ込む入口のこと。
ピンゲート サイドゲート ダイレクトゲート カルフォンゲートなど様々な種類があり、製品や金型構造によって適正なゲートを使用する。

 ─さ行─ 

サブランナー >

ランナー上にホットランナーのゲートを落とす形で使用し、完全なランナーレスではないが、メインスプルー部分の削減を行う方法。
ダイレクトでゲート設定が難しいと想定される樹脂や製品形状、ゲート点数削減によるコストダウンなどを目的として使用されることが多い。

 ─た行─   ─な行─   ─は行─ 

ヒート&クール成形 >

ウエルドラインの解消を目的とした成形手法。

ウエルドライン発生が想定される付近に、金型へあらかじめヒーターを設置、キャビティ内への樹脂を充填させる前に、金型の急速加熱を行う。
設定温度(樹脂の熱変形温度以上)に到達した時点で樹脂の充填を開始、樹脂の固化速度を遅らせることでウエルドラインが見えなくなり、外観品質が向上する。
冷却工程は充填後に急冷することで、固化速度を速める。
加熱方法は、ヒーターの他に熱水や蒸気、油を用いることもある。

ホットランナー単体において、ウエルドを消すことは困難であるが、フィーサのエアバルブをご使用いただき、射出タイミングを調整することで、ウエルドを目立ちにくくさせていただくケースは多々ある。

ヒケ

プラスチック射出成形機 >

プラスチック材料を加熱して流動状態(溶解)にし、閉じた金型の空洞部(キャビティ)に加圧注入(射出)して金型内で固化(冷却)させることにより、金型空洞部に相当する形を造る(成形)方法。
これに金型の開閉や型締機構などを兼ね備えた、この一連の動作を行う機会を射出成形といいます。

 ─ま行─   ─や行─   ─ら行─ 

ロケートリング >

ロケートリングとは金型を成形機に取り付ける際の位置決めの役割をします。
金型固定側にリング形状の凸な形をしています。
このロケートリングを案内役にして成形機に金型を取り付けます。

 ─わ行─ 



成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661