1. HOME
  2. 成形用語集
  3. ショートショット

ショートショット

ショートショットとは

ショートショットとは、キャビティ内全体に樹脂が充填される前に固化してしまい、金型から取り出された際には製品の一部が欠けた状態になってしまう現象のこと。

どうしてショートショットが発生するの?

要因①

溶融されている樹脂は金型に触れた瞬間に先端から冷却される。
スプル-ランナ-を通っている間にも樹脂は金型によって冷却され続け、キャビティ内の末端まで充填される前に完全に固化してしまっている。

①の対策

  1. 金型、もしくは樹脂温度の調整
    ・金型温度が低い場、冷却されるまでの時間も短いので温度を高めに設定
    ・樹脂温度を高めに設定しても効果あり

  2. 射出速度を上げる
    ・射出速度を上げ、冷却が完全に終わる前に末端まで一気に樹脂を押し込み、充填させる
    ※射出速度が速すぎると、バリ・ジェッティングが発生するので注意が必要

要因②

製品形状が複雑、もしくはスプルーからゲートまでの距離が遠く、上手く圧力が加えられず製品の一部が欠けてしまっている。

②の対策

  1. 保圧を上げる
    ・保圧を上げることにより、樹脂の逆流による充填不足を補うことが可能

  2. ゲートとランナー径の見直し 
    ・ゲートまでの距離が遠い場合、溶融した樹脂の抵抗が高くなるため、ゲートとランナー径を大きくして、流動性を高める

解決策 FISAからのご提案

金型側での解決策

ホットランナー化により金型内部で樹脂を溶融した状態で留めることが可能。溶融している樹脂は流動性が高いだけではなく、圧力を加えやすくなりショートショットの発生を抑制することができます。

詳細ページへ

射出成形機側での解決策

シャットオフノズルであればシール機構があるため、タレ落ちを防止することが可能。これにより計量値が安定し、ショートショットの発生を抑制することができます。

詳細ページへ

成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661