1. HOME
  2. 成形用語集
  3. 樹脂漏れ

樹脂漏れ 

樹脂漏れとは

樹脂漏れとは、射出成形において、金型やノズル、マニホールドのネジ、接合部、接触部の隙間から樹脂が漏れ出ることです。
樹脂漏れすると
・ヒータやセンサが断線する
・焼け、バランス不良などの成形不良が発生する
等の不具合となり、復旧作業も必要で、生産再開まで時間がかかります。

一般的に、接合部にはシール部品が組み込まれ、隙間を埋めることで樹脂漏れを防ぎますが、シール部品の劣化や接触部のわずかな隙間でも樹脂漏れするリスクがあります。そのため、金型は寸法精度が重要と言えます。

解決策 FISAからのご提案

フィーサではマニホールドの設計、製作も可能です。 

フィーサ製マニホールドは独自のノウハウで設計、製作されており、復元性のある特製シールリングによって樹脂漏れのリスクを低減します。
流路が磨かれ、コーナーにR加工がされるなど滞留が発生しにくい構造になっておりますので、焼け、コンタミが出にくく、色替え性も良好です

成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661