1. HOME
  2. 成形用語集
  3. ヤケ

ヤケ(焼け・黒点)

ヤケとは

サンプルサンプル

ヤケとは、プラスチックの射出成形において、過剰に加熱された成形材料が黒色や茶色に焼けてしまい、成形品の一部や全体に出てしまう成形不良のことを指します。
上記のような成形品の外観不良はもちろん、物性の劣化にも繋がります。

【原因と対策】

ヤケの発生は様々な原因が考えられますが、発生の状況により主に大きく以下の2つに分ける事ができ、原因毎の対策もそれぞれ異なった内容になります。

【原因①】空気やガスによる影響(ガス焼け)

キャビティ(製品)末端などに樹脂の流れが悪い箇所がある際、ここに金型内の空気や、成形材料から発生するガスが滞留・圧縮されることで、付近の樹脂が高温化しヤケとして発生します。

     【対策①】

  1. 空気やガスを排気するためのエアベント(ガスベント)を設ける。
  2. 空気やガスの圧縮を緩和する目的で射出速度や射出圧力を下げる。
     ガスヤケ1.png
     

【原因②】温度や内部構造による影響

成形機のシリンダーやノズル、ホットランナー内部の温度が高すぎる、または滞留時間が長い(内部に滞留箇所がある場合も同様)といった場合にもヤケが発生します。

     【対策②】

  1. 成形温度を下げる(適切に温度管理出来ているかも確認)。
  2. 各部分に樹脂の滞留箇所となる構造が無いかを見直す。
  3. 成形サイクルや、適切な成形機のサイズ選定かを見直す(製品サイズに対し樹脂の滞留時間が長すぎる場合)。
  4. ノズルのゲートや流路サイズを見直す(せん断発熱によるヤケの場合)。

 
 

解決策 FISAからのご提案

金型側での解決策

フィーサのホットランナーでは、温度センサーの位置・ヒーターの構造など、ヤケの原因となる温度管理を的確に行えるよう設計しております。ホットランナーご検討の際、このようなお悩みがあればお気軽にご相談ください。

詳細ページへ

射出成形機側での解決策

フィーサのプラムチップノズル(樹脂混錬ノズル)は滞留箇所が極めて少ない構造で、ミキシングノズル使用時、特にヤケの目立ちやすいPCなどの透明樹脂への対策としてご使用いただくことも可能です。

詳細ページへ

成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661