1. HOME
  2. 成形用語集
  3. コールドスラグ

コールドスラグ

コールドスラグとは

コールドスラグとは射出成形における成形不良の一つです。コールドスラッジとも呼ばれます。

射出成形機ノズルの先端が金型に触れた瞬間、金型側に熱を取られ樹脂温度が急激に低下していきます。
この際に金型に触れている時間が長すぎると樹脂の一部が固化してしまい、
その固化したモノ(不純物)をコールドスラグと呼びます。

コールドスラグが引き起こす問題

  1. ゲート詰まり
    ・発生したコールドスラグは、次ショット時に固化した樹脂の一部がゲートを塞ぎ、射出不良を発生させてしまいます。
    ・型開き時にゲートカットされる仕様(サイド・サブマリン・ピン)の場合、固化した樹脂の一部がゲートを塞ぎ、キャビィティ側に樹脂が流れずショートショットを引き起こす可能性があります。

  2. 外観不良
    ・発生したコールドスラグがキャビティに流れてしまうと、成形品の表面(特にゲート付近)にフローマークのような跡が発生します。

金型側での対策

  • コールドスラグウェル(材料溜まり)を設置
    コールドスラグウェルを設ける事により、発生したコールドスラグはこの溜まり場に収容される為、成形品への流入を未然に防止します。

射出成形機側での対策

成形条件での調整
①金型温度を高めに設定、射出速度を速める事によりコールドスラグを抑制する。
②ノズルタッチ時間を短くする事により、金型に接触する時間を極力減らしノズル先端の樹脂が固化しないようにする。
サックバック量を下げ、エアの巻き込み量を減らす。

解決策 FISAからのご提案

フィーサ シャットオフノズル

シャットオフノズルは独自の構造により、コールドスラグを抑制する事が可能になります。
また、ゲートシール機構があるため、コールドスラグ抑制のために成形温度を上げた際に発生する糸引きや垂れ落ちの完全防止を実現いたします。

成形に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。




フィーサの技術を世界へ
「フィーサの技術を世界へ」
「お客様の満足なしに会社の利益なし」

Welcome to FISA Corporation!
FISA is constantly looking ahead from a foundation of teamwork
and individual motivation, moving forward together.

お問い合わせ

ご不明な点は、こちらよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3754-0661